シャネル偽物を買わされない豆知識

BRANMANIA

シャネル偽物を買わされない豆知識

Pocket
LINEで送る

1.皆さんだまされていませんか?

リサイクルショップやオークションで欲しいCHANELを見つけたとき
「やった~予算内で可愛いし欲しい~」
でも待って下さい。
そのCHANELは偽物ではないですか?

当社の鑑定士は定期的に某大手オークションサイトやブランドショップをパトロールするのですが、確かな情報でないばかりか偽物をノベルティやアウトレット通販とうたい(そもそもノベルティの意味を判っていない)本物として販売している悪質な個人や業者であふれています。

でも大丈夫です。偽物を販売する業者がどのようにしてみなさんをだまそうとしているか、本物を扱う業者の判断基準を知ることで偽物をつかまされる確率を減らすことが出来ます。

ここでは、そんな知って得するだまされないための豆知識をお教えします。

2.CHANEL偽物を売る人たちどんな人?

まずは偽物を売る人たちはどんな人たちか知りましょう。
現状偽物を販売する人たちを区分すると、以下のとおりです。

1.偽物をノベルティとして売る悪質オークション
2.判りやすい物を安価でパロディとして販売する業者
3.本物だと信じて販売している鑑定知識の無いリサイクル店や質店
4.海外の悪質業者から買い取り、海外輸入品として販売する個人オークション
5.偽物をつかまされた人がまたオークションに出して販売する無責任な個人オークション

3.偽物を買う人がいるから売る人がいる

偽物業者がはびこるのは、偽物と分かっていても買う人たちがいるのも大きな要因です。
以下の項目では、偽物を買うことによって起こる事態やシャネルノベルティを買ってはいけない理由を紹介します。

3-1結局損をする!!ばれなければいいと偽物を買う人たち

安易な気持ちで偽物と判っていても買ってしまう人たちがいます。
このシャネルカメリアブローチ、偽物だけど韓国で3000円。安いでしょう。
偽物と判って買うのはOKな心理。世の偽物業者は、その資金でどんどん精巧な偽物を世の中に流通させます。最終的には精巧な偽物を本物と騙されることになります。
自分は本物だと思っているものが、偽物かもしれない確率を自分自身で上げてしまう残念な行為ということを肝に命じてほしいものです。

3-2絶対ノベルティを買ってはいけない理由

シャネルノベルティは景品であって製品ではありません。景品とは、壊れても修理ができないし販売されている製品ではないので、作りも雑なのです。
そして、ブティックに持ち込み本物かどうかを確認することが出来ません。オークションなどでノベルティと称して販売されているものは、多数が違うものだと思ったほうがよいでしょう。
ノベルティの場合、プロの私がオークションの写真で見ても判別することは非常に困難です。

4.シャネルスーパーコピーはプロもだませるは本当か

4-1どんなに精巧でも偽物は偽物なのだ!!

スーパーコピーと呼ばれているものもプロから見ると一目瞭然です。たとえるなら、自身の愛犬が双子の場合に、第3者からは全く見分けがつかなくても飼い主であるご主人さまにははっきり違いが判るのと似ているかもしれません。
しかし、私が考えるシャネル鑑別のプロは残念ながら少ないのが現状です。

4-2お客様は最高の先生である

正しい鑑定をするうえで一番重要なことは、シャネルの顧客の方から商品を出していただくことです。なぜなら、シャネルの顧客の方が正規ブティックで購入したシャネルは本物だからです。
当たり前のことですが、筆者がリサイクルシャネルの販売を始めたころ、全くシャネルは集まりませんでした。お客様の立場になって考えてみると、シャネルを扱かっていないお店に出そうという気持ちにはならないのではないか、ということに気が付きました。

今から23年前の1994年当時の日本は空前の円高でした。そこで私はシャネルを購入する方の気持ちになってみようと思い立ち、銀行から可能な限りのお金を借り海外のシャネルを回り素敵だと思うアイテムを買いあさりました。
そして、当時はまだ殆ど浸透してなかった通信販売を破格の値段で提供しました。それが非常に好評をいただき、買い物してくださったお客様が徐々に不要なシャネルをお出し下さるようになったのです。定価が50万円以上するお洋服を何点も購入される方のブランド知識は、鑑定初心者の私にとって最高の先生でした。
自分自身が素敵だと思ったシャネルを気に入ってご購入くださるお客様との信頼関係を深めることで、そのシャネルが偽物かもしれないと疑って見積もることは、一切する必要がなかったことは非常に幸運でした。

そのおかげもあり、長い年月をかけて大量の本物のシャネルに触れることで、シャネル製品がどのようなものなのか理屈抜きで自然に理解できるようになっていました。シャネル鑑定士への道は素晴らしいお客様の存在との信頼関係が不可欠なのです。

4-3急増中!!偽物と本物を見分けられないバイヤー達の言い訳

この10年で「高価買い取り」うたう買い取り専門業者が急増しました。
ネット社会の弊害と思われますが、頭でっかちにわか鑑定士だらけです。

偽物を買い取ることを恐れて、品質表示タグが切れている洋服や購入時付いているギャランティカードが無いものは受け付けない業者が増えています。新品に近い状態でないと受けつけない、付属品がそろっていないと買い取らないことがスタンダードになり、本当に良いものが評価されていません。そのため、最近まで出ていたような商品や偽物が、大量にユーズド業界にあふれています。
本来のリサイクル品の楽しみは、新品より安く手に入れられること、現行の商品では見つけられない面白い商品や堀り出し品を見つけること、人が持っていないものに出会えることなのです。
そのような宝箱のようなお店は年々減少し、安心して購入できるリサイクルショップを見つけることは至難の業なのが現状です。

4-4シャネル鑑定のプロへの道は険しく遠く、でも楽しい

シャネルをきちんと見分けられるには最低10年以上、出来れば20年は必要です。
シャネル製品はその年ごとに非常に特徴がはっきりとしたコレクション発表をしていて、素材も偽物では真似できない上質なシルクやウールなどを使用しています。タグやギャランティカードなど無くても大体の年代、素材、発売当時の価格はわかります。
さらに、一番重要なシャネルのカシミヤの厚みや触り心地・BAGのレザーの手触りは、ネットで検索した偽物の刻印や洋服と比べても判別は困難です。
品物を自分自身直接見て触れて、さらにネットに出ている情報を精査する。その手順を地道に続け、データの蓄積をするしかありません。気の遠くなるような作業ですが、バリエーションに富んだシャネルにふれる喜びを知ってしまうと、シャネルの鑑定を辞めることができない魅力があるのです。

5.あったらいいのに、シャネルのマグカップ

※本物があったらうれしい!!ありそうでないシャネルの偽物

偽物は本物をまねるものですが、全くシャネルには存在しないアイテムがあります

シャネルの人気ぶりを感じる事例として紹介します。
「友人のプレゼントにシャネルのマグカップを探しています」と、ご来店されたお客様がいらっしゃいました。ネットオークションにたくさん出ているけど、実際に見て買いたいから当店ならあるかもしれないと思われたようです。
しかし残念ながら、シャネルのコレクションでマグカップを出されたことはないのです。詳しく調べても、50年ほど前にバカラとコラボしたグラスがあるらしい。
そんなレアなお品物があるとすれば、ネットオークションで1000円程度の安価で買うことができるわけはないのです。

以下は私自身あったら是非手に入れたい実在しないコレクションです。

※シャネル靴下(ハイソックスはあります)
※玄関マット
※毛布
※ライター

6.ベテラン鑑定士だけが見抜けるシャネル偽物を持ち込む確信犯の見分け方

6-1偽物持ち込み事件簿

偽物と分かっていてあえて持ち込む人たちは、残念ながら入店の瞬間お見通しです。
偽物を売りに来店される方の特徴は、主に以下の6つの特徴があります。
1 かなりの確率で帽子をかぶっている
2 足音をたてない
3 あまり喋りたがらず正面から目を合わせない
ふとその方に目を向けると、ななめからチラッと目が合うタイプか
初対面なのに昔からの親友のように話されるタイプか2分される
4 あまり時間が無いと鑑定を急かす
5 妙に背後や周囲の人気を気にする
6 どこで買われたかお聞きするとプレゼントと答える

解説 以上の傾向は、実は万引き犯のタイプにも非常に似ています。
どこか後ろめたい気持ちがこのような行動パターンを引き起こすのでしょう。

7.保存版!!偽物シャネルを買わないチェックシート

7-1(オークション 個人編)

※以下に3項目以上当てはまる場合は入札を控えましょう
1プロフィールを確認し、それ以外の出品の品物を確認するとノベルティを多く出している
8.2むやみにレア物と記載している
3オークション評価が無いのに新品ばかり出品している
4入札者に新規や評価が10以下のIDが多く入っている(自作自演の場合が多い)
5プレゼントもしくは友人から譲り受けた
6以前オークションで落札した
7直接ブティックで購入していない

7-2(オークション ストア編)

※以下に当てはまる場合は入札は控えた方が安心です
1大量に同じようなアイテムをほかのストアの半額以下で出品している
2海外購入品 海外取り寄せ品ばかり出品している
3オークション以外に独自のホームページもしくはECサイトを運営していない
4ストア情報に電話番号が入っていない
5ストア情報に代表者名 担当者名は入っていない
6古物商番号を公開していない

7-3結論 リサイクルシャネルを購入するなら

以下全てあてはまるショップもしくはECサイトが望ましい

1. 何年頃の製造か、何のコレクションか把握されている
コレクションでその時にしか出されていない物と何年か発表されている物があります。
(その違いが判っていないお店が非常に多い。)
2.大体の当時の販売価格を把握している。
3.万が一偽物の場合、返品を受け付けている(一番重要)
4、バイヤーの経歴を公表している
5、電話で問い合わせが出来る
6.リペア、メンテナンスの知識がある

8.番外編 シャネル偽物の温床ヤフオクとメルカリ

筆者自身、時々オークションをパトロールし疑わしい商品はあえて直接取引し実態を確認しています。

今回は、ノベルティを出しているストアに質問してみた編です。

例1某大手チェーン中古販売店
問一覧
質問1 投稿者11月 3日 18時 21分
こちらのお品物は何年のノベルティでしょうか
回答
11月 4日 10時 26分
この度は当店の商品をご覧頂まして、誠にありがとうございます。ご質問頂きました、年式ですが、ノベルティにはシリアルが入っておらず、バッグと違い、いつの物か断定が出来ませんが、ここ最近入手困難かつ高額で、あまり出回っていなかった為、そんなに昔の物では無いのではないかと思われます。 他にもご質問等ございましたらお気軽にご連絡下さいませ。 是非この機会にご検討宜しくお願い致します。

解説
シリアルが入っていない物、さらにいつのお品物かわからないまま出品しています。
その時点で本物と決定された基準が全くなくそれに30000円以上の値段をつけている根拠が判りません。かなりメジャーなお店ですが信用失墜の原因になりかねないですね。

例2 個人でノベルティばかり販売しています。

質問6 投稿者:

シャネルはこのようなノベルティは出していませんが いつのなんのノベルティでしょうか
回答
11月 3日 20時 04分
私の自己紹介や商品説明など良く読みになって下さいませ

解説
自己紹介商品説明を読んでも全く詳しくプロフィールも商品説明も書かれていません。
かなり悪質な業者と思われます。
悪い評価が増えると新たなIDを設けて同じような物を販売するパターンです。
実際取引してみると外国人の事も多く、後でクレームを言っても取り合ってもらえないと思われます。

例3個人で登録となっているが、、、

質問111月 3日 18時 22分
こちらのお品物は正規ノベルティとありますがいつ頃のなんのノベルティでしょうか
回答
11月 3日 18時 38分
お問合せありがとうございます。 当店は、質屋さんの専用の古物市場にて仕入れを行っておりますので正規品しか取扱できません。 いつ頃何のノベルティかは、こちらでは不明です。 質入れ可能です。 宜しくお願い致します。

個人登録なのに仕入れて販売していると回答したものです。古物免許の番号の表記もありません。そもそも質の市場で購入したことが、正規品の証明にはなりません。
ちなみに、こちらの正解はノベルティではなく1994年から数年間USA限定で販売されたコスメのケース。いわゆるコフレが正解。
偽物ではありませんがノベルティではありません。

9.まとめ

シャネルの偽物をつかまない方法は2つしかありません。

1高くてもシャネルブティックで購入する
2いつでも相談でき、何かあったら対応してくれる鑑定士が在籍し
実店舗が存在するリサイクルショップで購入する

特に長い期間営業されているリサイクルショップは、直営のブティックの店員さんより知識が豊富なことも多いです。ほかのお店では嫌がられる難しい質問も、逆に喜んで丁寧に説明してくれます。なぜなら、長くシャネルに関わり愛着を持って販売しているリサイクル店は、その魅力をもっと広めたいと考えています。
そのため、掘り出し物の逸品を買うことができたりお店に頻繁に通うことで、自分自身も本物を見極めるノウハウを自然と身につけることが出来るようになります。
そんなプロフェッショナルな鑑定士が在籍しているリサイクルショップは、シャネルマニアへの道には欠かせない存在なのです。

このブログを読まれて、偽物を購入し悲しい想いをする人がお一人でも減り、シャネルマニア仲間が増えることを切に祈ります。

The following two tabs change content below.

Noriko Takasaki

1994年CHANELブームの到来と共にリサイクル業界に目覚め、2000年ハリーウインストンに魅了され、いつか10ct D IFのダイヤモンドをお取り扱いしたい。を目標に掲げ今日にいたります。ニーズの無い新品より愛されたリサイクル品の様々な価値観の重さに触れきちんとお品物を評価する責任の重さを日々感じます。そして自分自身では到底買う事の出来ない品々を新たに再生させて頂く瞬間がこの上ない喜びです。私自身は色気より食い気。宝石よりお酒と食に興味が深く逆に偏った査定をしないでいられると自負しております。今日も私が観たことのないお品物に出会える事を期待して皆様をお待ちしております。
Pocket
LINEで送る