九星から解くCOCOCHANEL占い vol.1

BRANMANIA

九星から解くCOCOCHANEL占い vol.1

Pocket
LINEで送る

1.しし座で未年だったCOCO CHANEL

 

シャネルはしし座生まれというのは有名な話ですが

未年(ひつじどし)というのは聞いた事がありませんね^^

私も未年なのでなぜか嬉しくもっと深掘りしてみたくなりました。

 

1883年8月19日生まれ

彼女はどんな女性だったのでしょう。

検索してみると諸説ありますが

生年月日から9星学で占ってみまました。^^

 

9星数流術では

年盤であるべき生き方
月盤で生きる手段の方法
日盤でその結果

そして生きる手段の修正方法を月盤からの裏盤で読み解きます。

 

2.九星占いからみたホテルリッツが住まいだった理由

シャネルをただいま勉強中の9星学で読み解くと、

年盤九紫火星

月盤八白土星

日盤五黄土星

そして修正方法が6白金星です。

(年)名誉ある(月)墓のエネルギーで(日)世界に夢を見せ続けている、、、と、読むらしいです。

そしてその彼女を常に支えているのが6白に表れているリーダーとしてのプライドです。

日盤に5黄土星がいるという場合、自分がやりたい事を追求すると自爆するのだそうです。

自分にご褒美で、、、とか

大豪邸を建てる、、、とか

絶対NGなのだそう。

 

シャネルがそれを知っているはずは無いですが

ホテル住まい、ワードローブは数着、

そんな究極のシンプルな生活を送っていた彼女が望むものはなんだったのでしょうか。

考えれば考えるほど奥が深いCHANELの人生です。

 

 

 

 

3.九星火星CHANELの名誉魂パワー

 

彼女のお墓はパリでは無くスイスのローザンヌにあります。

そしてその墓地の中のセクション9エリアにCOCOは埋葬されています。

当時その事を考えて埋葬したはずはないですが

不思議な符合ですね。

 

セクション9で名誉の魂は眠り

未来永劫その名誉は保たれる。

 

平成10年の千葉県で起こったスナックシャネル事件で

不正競争防止法に基づきそのスナックは有罪判決を受けています。

http://www.chizaisoudan.com/20unfaircompetitionprevention/2050unfairprecedent/2050unfairprecedent31.html

 

昨年のフランク三浦事件では無罪になったのに不思議ですね。

 

COCOシャネルの名誉は未来永劫傷つける事は許さないと

セクション9から目には見えないエネルギーをはなっているのかもしれませんね。

※シャネルマニア、占いの師匠ブログより参考引用

http://ameblo.jp/uranaisishuki/theme9-10002667968.html#main

 

4.CHANELの未来

 

このところシャネルマニアはCHANELのクリエィティブディレクターのカールラガーフェルドの後任は誰か❗️について考えています。

ラフシモンズ
エディスリマン
今をリードするデザイナー達から選ばれるのか
それとも無名デザイナーから発掘されるのか。
誰であれ35年もの長期にわたるカールラガーフェルドの時代の後を担えるものなのか。
COCOシャネルが亡くなったあと10年に渡り低迷迷走期があります。
頑なにオートクチュールに拘り過ぎたから
経営者があまり熱心ではなかった。
複合的な理由は有るのでしょう。
眠れる美女を目覚めさせたカールラガーフェルドは、シャネルを彼色にすること無く、彼女の想いを尊重し受け継ぎつつも時代に受け入れやすいプレタポルテコレクションを発表しました。
しかし、大組織のなかでは彼がそれを是と説いてもおいそれとやりたい事をさせてくれる事は一見難しいはずですが、理解ある上層部、非上場であったことによる長期的なブランディング計画が揃っていたからこそ90年代のCHANELブームを起こす事が出来たと思われます。
そんなカールラガーフェルドがバトンを誰にいつ渡す日が来るのか
COCOCHANEL占い VOL2ではカールラガーフェルドの生年月日
そしてシャネルの 10干四柱推命の解釈も踏まえて更に深読みしていきます。
The following two tabs change content below.

Noriko Takasaki

1994年CHANELブームの到来と共にリサイクル業界に目覚め、2000年ハリーウインストンに魅了され、いつか10ct D IFのダイヤモンドをお取り扱いしたい。を目標に掲げ今日にいたります。ニーズの無い新品より愛されたリサイクル品の様々な価値観の重さに触れきちんとお品物を評価する責任の重さを日々感じます。そして自分自身では到底買う事の出来ない品々を新たに再生させて頂く瞬間がこの上ない喜びです。私自身は色気より食い気。宝石よりお酒と食に興味が深く逆に偏った査定をしないでいられると自負しております。今日も私が観たことのないお品物に出会える事を期待して皆様をお待ちしております。
Pocket
LINEで送る